FC2ブログ

スーパーミニプラ バルジオン

37年前に放映されていた『超電子バイオマン』、その終盤になって登場したバルジオンがプラキットになりました。プレミアムバンダイで、操縦者のバイオハンター・シルバと同時に受注が開始されて嬉しかったです。劇中のバルジオンはもっと野暮ったい着ぐるみでしたが、そこはキットとしてかっこよくアレンジされています。個人的には本編準拠(特に首回りは)のものがほしかったけど、これはこれでいいんじゃないでしょうか。着ぐる...

SHODO SUPER バイオハンター・シルバ

プレミアムバンダイで受注販売していた、SHODO SUPERのバイオハンター・シルバです。食玩ジャンルなので塗装については別に期待してなかったのですが、届くとビックリ。かなりしっかり色が入ってました。背面も一部省略されてたけど、全然いい。少しだけ省かれていた部分を塗装して、自己満足しています。差し替え用のハンドパーツがやけに豊富でした。銃持ち手はスペアがついていたほど。嬉しいですね、こういうのは改造するとき...

1/144 アビゴル

小学4年のとき、はじめて買ったリアル系ガンプラがこのアビゴルでした。子供の頃に組み立てていたものが奇跡的に残っていたのでちょっと塗装してみました。見ての通り合わせ目とか消してませんし、武器がありません。どっか行きました。すいません、30年近く前のものなので。MA形態にするための足の差し替えパーツもない有様です。でもこの顔、いいですよね。本編ではあんまり出番なかったけど好きです。...

フィギュアーツ ウルトラマンエース

発売日に購入して以来、ずっと気に入って飾ってるフィギュアーツ版ウルトラマンエースです。新マンは横顔に不満がありましたが、こっちはいい出来だと思います。ちょっとうちのエースは右肩がギチギチ言うので怖いです。メタリウム光線ポーズをとらせるのもギリギリなぐらいギッチギチ。左肩はスムーズなんだけどなぁ。付属品にやたら手首が多いので、なくさないようにジップロックに入れてます。このエース、かっこいい。以上です...

ウルトラ大怪獣シリーズ5000 テロチルス

「ウルトラ大怪獣シリーズ5000」のテロチルスが少し前に届きました。縮小版にしてはデカいけど、いい出来です。テロチルスの背中って、こうなっていたのか~。フィギュアーツの新マンと比べるとこのサイズ感。ただ、のぞき穴とか肩の位置は意外とアーツとスケールが一緒っぽいんですよね。劇中比、案外こんなもんなのかも。以上です。...

魔女バンドーラ

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の敵ボス、魔女バンドーラです。ハズブロがここ数年で『Power Rangers』に登場したキャラクターを敵味方問わず立体化していまして、曽我町子さんが演じてのちに代役が務めることになったRita Repulsaのフィギュアもリリースされています。しかもLord Zeddとのセット販売で、『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する巨大化爆弾までセットに。そのRita Repulsaのフィギュアなんですが、顔立ちが多分曽我さ...

超動 グドン

超動ウルトラマンの怪獣枠、久々ですね。こちらグドンです。口開け頭部は拡張パーツセットに封入されています。いい出来の食玩です。背面もかっこいいですよね。そのままでもいいんですが、フレッシュで全身を軽くドライブラシしたあとにウォッシングしました。控えめに。それと目も少し。アップの時のらんらんと光る電飾が印象的な怪獣なので。胴体。かなり自由度の高いボールジョイント式なので特有の姿勢を保てます。遊べます。...

超動 ウルトラマンジャック

超動ウルトラマンジャックです。購入後、ちょっと塗装の手直しをしたんですが、そのままの勢いで未塗装の部分も適当に塗りました。適当なので線もガタガタですが、拡張パーツも買ったのでプレイバリュー増しました。流星キックだ!同弾のグドンと。圧巻の体格差。スペシウム光線発射ポーズも一応とれます。たまに本当に光線が出ます。背面もなんとなく塗りました。以上です。...

SHODO-O ジョーカーアンデッド

SHODO-Oの新しいの出てましたね。ジョーカーアンデッドだけ、購入してきました。実は本編を観てないので、どういう立ち位置のキャラか分からないんですが、かっこいいので集めたくなるんです。掌動シリーズはどんどんイイのが出てきますね。可動優秀です。トゲトゲしてて持つと痛いけど。バイザーはクリアパーツで高級感あります。触角は柔らかいけど、あんまりいじると白化してきます。してきました。ちょろっと余計に部分塗装を...