FC2ブログ

彗星怪獣 再生ドラコ(カスタム)

旧ウルトラ怪獣シリーズの再生ドラコを原型に、ちょっとだけいじってみました。まだ硬質の頃のソフビですので、逆に加工しやすかったです。首を一旦切除し、やや延長しつつ前傾させています。腕は関節ごとに切除しまして、パテでお好みの角度に調節しました。足は切除していませんが、可動部分をパテ埋めしていますので動きません。正面から見ると元のソフビのテイストが残っていることが分かります。顔ですが、額から鼻先にかけて...

宇宙怪獣 ベムラー

ビリケン商会のソフトビニール製ガレージキット、宇宙怪獣ベムラーを組んでみました。珍しくエアブラシを使っています。大き過ぎて筆塗りがしんどかったので。目線は好みでいじってます。塗料いっぱい使ってしまいました。ガレージキットもたまにはいいですね。以上です。...

忍者怪獣 サータン

もう10年以上も前にファンドで造形した、『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣、サータンです。毛は針金を植え込みで。腕と鼻は磁石で可動するようにしています(切り離せます)。当時はまだ840円サイズのソフビぐらいしかなかったので、そのサイズのウルトラマンにあわせて作ったものですが、昨今のアーツと合わせてみると、ちょっとサイズオーバー気味ですね。鼻ですが、劇中同様に敵の首に巻きつける用のパーツも差し替え...

百足怪獣 ムカデンダー(カスタム)

旧ウルトラ怪獣シリーズの中でも割とマイナーだった商品、『ウルトラマンタロウ』のムカデンダーのソフビのジャンクがあったのですが、顔やら何やらに歯型らしきものがあり、ところどころ破損していたので、パテで修復したものです。特に顔の状態が悪く、レストアに気を遣いました。元の雰囲気がいいソフビなのであえて余計なことはせず、折れて欠損していた角は自作したもので代用しています。それから、着ぐるみでは片腕の中指が...

たんたん坊

『ゲゲゲの鬼太郎』3期の頃にリリースされていた、たんたん坊をシタデルでささっと塗装しました。サイズは小さいながら、なかなかいい造形で塗ってて楽しかったです。6期でも出ていたように、人気のある妖怪みたいですね。...

奇怪宇宙人 ツルク星人(巨大化時)

2007~08年ぐらいにファンドで既存の旧ウルトラ怪獣シリーズソフビの何かを芯にして自作した、『ウルトラマンレオ』登場のツルク星人です。長い間所在が分からなくなっていたのですが、手元に残っていました。確か、顔はテレスドンのソフビを流用していたかと思います。今見るとあんまり良くはない出来ですが、アトラクにいそうな個体ということで一つ。近々手放す予定です。...

冷凍怪人 ブラック星人

もう10年以上も前に、ファンドで自作した『帰ってきたウルトラマン』登場のブラック星人です。腕周りにはこの当時お気に入りだった、磁石での可動を設けています。長年ダンボールの中に死蔵していたのですが、状態も良く、ファンドも割と高い奴だったので、欠けらしい欠けもありませんでした。こちら現在は手放しています。...

地球防衛軍秘密基地本部(アルバトロスジャパン) ブラックキング

長年押入れにしまいこんでいたものをちょっと出してみました。アルバトロスジャパンのブラックキングです。ポリストーンの完成品で、ブラックキングのフィギュアとしても出色の完成度。ただ、ここんとこ怪獣の置き場もいっぱいいっぱいになったので、オークションに出品してしまいました。...

触覚宇宙人 バット星人

『帰ってきたウルトラマン』最終回に登場する、バット星人をパテで作ってみました。いつもの自作フィギュアってやつっすね。素体はホビーオフで投売りされていたスパイダーマンだったんですけど、これが細身だったので、かなりパテを使うことになりました。脚とか背中とか、結構アレンジしてます。最終回登場の星人にしては影が薄いんですけど、「ウルトラ兄弟」というワードをシリーズ史上一番最初に口にしたという点では、重要な...